JizoHatって..?

観光という概念を超えて
Beyond Tourism

外国人訪問者が求める有意義な旅行体験を提供すること。旅行者でも、在日者でも、誰にとっても居心地の良い場所を作っていくこと。これまで訪日外国人向け英メディア「Get Hiroshima」で培ってきた知見、経験、ノウハウを活かして、世界中の人々が日本で巡り会い、ボーダレスな交流ができる環境を創出していきます。

JizoHatの考え方

観光客以上の体験を 
Be More Than A Tourist
日本を訪れてくれた世界中の旅人が、世界中の数ある国の中から日本を選んでくれて、また一市民として日本で暮らす多国籍の皆さんが、「日本に来れてよかった」と心から思ってもらえるよう、その思いを地元市民と共有し、理解を深めていくことができる状況を作るキーリソースを作り、地元と企業との最適なパートナーになることを目指す。

JizoHatの成り立ち

2000年に広島の外国人在住者の力になりたいと始めたGetHiroshima.com。毎春発行の英語版広島のシティマップは、2020年で15年の節目を迎え、季刊誌マガジンは16号迄全力投球で発行し、2018年5月に株式会社JizoHatを設立。英ローカルメディアGetHiroshimaで培った外国籍向けの情報発信のノウハウを活かし、会社設立以降は、全国のインバウンド観光視察、自治体のプロモーション企画、セミナー講師を勤めつつ、自社で英語ガイド育成の講座を開講している。 

paul walsh jizohat

Paul

イギリス生まれ、在日歴28年の大の日本ファン。GetHiroshima創始者/編集長。誰も知らない様な日本歴史をこよなく愛し、トレイルランニングで山を満喫し、時にはコーヒー中毒との戦いに破れる日々。 



Ayaka

広島生まれ、広島で育つ。大学時代を関西で過ごし、卒業後カナダへ1年半留学。帰国後はGetHiroshima編集部で、観光事業に携わる。今後は地元ガイドとしても活動予定。

ayaka terao jizohat